Home > お役立ち情報 > Galaxyの買い取りが今熱い!

Galaxyの買い取りが今熱い!

jp_SM-G925ZZKESBM_006_Origin_black
Galaxyといえば韓国を代表する世界的大企業Samsungが提供するスマートフォンである。日本でも知名度の高いGalaxyシリーズだが、今、その買い取りが熱いのだ。

Galaxyって?

Galaxyとは、韓国の大企業Samsungが提供するスマートフォン。その機能性と洗練されたデザインはトップクラスのクオリティと言われており、世界のスマートフォンシェアではAppleのiPhoneを抑え堂々のトップを誇っている。

2015年の世界のスマートフォンシェア率のデータを見てみると

  1. 1位Samsung24.5%
  2. 2位Apple18.2%
  3. 3位Lenovo5.6%

(IDC調べ)
この通り、Appleに比べSamsungの方が6%も上回るのだ。
一方、日本でのシェアを見てみると、

  • Apple 42.6%
  • Samsung 4.7%

(IDC調べ)

とAppleの方が圧倒しているのが事実だ。
両者にはどのような差があるのだろうか?

Galaxy vs iPhone

galaxyvsiphone
それではGalaxyとiPhoneにどのような差があるのか?どちらもハイエンドなスマートフォンとしてクオリティはトップクラスであることは間違いない。今回は両者の最新機種「iPhone7plus」と「Galaxy s7 edge」を簡単に比較しみよう。デザインに関しては好みにより差が生じるだろうから機能性に着目して3つの点で比較してみた。

①iPhoneはマイクロSD非対応!

マイクロSDとはスマートフォンに外部から差し込むメモリーカードのことで、これが対応していると、自分の必要に応じてスマートフォンのデータ容量を増やすことができる。音楽や動画をスマートフォン内に保存して、持ち歩きたいという人にとっては便利な機能だろう。iPhoneではマイクロSDに対応していないため、もし、データ容量が必要であれば一番安い32GBに比べると128GBモデルは1万円以上、256GBモデルは2万以上も高くなってしまう。

②iPhoneにはSIMフリーモデルがある!

iPhoneにはSIMフリーモデルがある。SIMフリーとは、通常、携帯電話は一つのSIMカードしか認証しない設定となっており、これは、利用者に対し不便を被らせることが多かった。例えば、代表的な例で言うと、普段使っている携帯を海外で使いたい場合に海外のキャリアのSIMカードを差し込んでも認証しないために使用することができない。ハイエンドなスマートフォンの中でもSIMフリーのスマートフォンを出しているのはiPhoneだけだ。

③ディスプレイ比較!

Galaxy

ディスプレイ:有機EL
解像度: 2560×1440ドット

iPhone

ディスプレイ:液晶
解像度: 1920×1080ドット

上記のように、ディスプレイにおいては解像度はもちろん、ディスプレイに最新技術の有機ELを使用しているという点でもGalaxyの方が上回っているといえるだろう。

Galaxyの買取価格

如何だったでしょうか?Galaxyの買取が熱いたる所以はそのクオリティの高さに起因するということでしょう。
Galaxy、iPhone共に、最新機種が発表された今、現行のものを買い取ってもらい、最新機種をお安く手に入れてみてはいかがでしょうか!
そんな、世界でトップのシェアとクオリティを誇るGalaxyの買取が今とても熱いのです。
携帯買取専門店のアワーズでは、Galaxyをはじめとするスマホの買い取りを強化中ですので、
ぜひ一度お持ちのGalaxyの買取価格を調べてみてください。
Galaxyの買取価格を調べる

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ
営業時間
月~金:11:00~19:00(最終受付18:30)
※ご購入、お買取の最終受付は
18:30までとなっておりますのでご注意ください。
お問い合わせフォーム