Home > お役立ち情報 > 「本体のみ」での買取は…?

「本体のみ」での買取は…?

スマホを売りたい!

そう思って、スマホ買取を検討していても、買った時の箱や、付属品がない…そんな方も多いのではないかと思います。

もちろん、箱や付属品はできるだけ良い状態で保管しておいたほうがいいのですが、無くしてしまうこともありますよね。

では、そんな本体のみの時は、スマホ買取は難しいのでしょうか?

安心してください。スマホ買取の大手を調べると、ほとんどが本体のみでもスマホ買取を行ってくれます。ただし、当然ですが買取価格には影響が出ます。

では、本体のみでスマホ買取を検討する場合の注意点とは何なのでしょうか?

「個人情報」しっかり管理!

通常の買取でも、本体のみの買取でも、大切なのは個人情報の管理。

個人情報の消去サービスを行ってくれる業者もありますが、データの消去や移行などは、できるだけ自分でしておくようにしましょう。

更に本体だけでなく、SIMカードやSDカード内の個人情報にも注意しましょう。

買取に出す前に、必ずSIMカードやSDカードは抜いてあるか確認が必要です。

また、データの消去だけでなく、端末の初期化が必要な場合や、iPhoneで「アクティベート」と呼ばれる処理(iPhoneの初期設定)を行ってしまうと、IDとパスワードが設定されてしまい、そのIDやパスワードが買取業者にはわからないため、データのリセットができないことがあります。そのような場合は初期設定前の状態で査定に出すことが必要です。買取業者や端末によって、必要な処理が変わってきますので、少し面倒でもしっかり確認して対応するようにしましょう。

 

「状態」が大切!

各スマホ買取業者に仮見積をお願いすると気がつくことがあります。

それは、スマホ買取価格に大きく影響するのは、箱や付属品がない、いわゆる本体のみであることよりも、スマホの破損や汚れなどの状態のほうが、買取価格に大きな影響を与えるということです。

破損していても買取してくれる業者もありますが、そのような場合、買取価格はかなり安くなってしまうもの。

また、防水仕様でない機種の水没などの、大きな破損の場合、そもそも買取(下取り)を行ってくれる業者が限られてしまいます。

やはり、スマホ買取において重要なのは、普段の使用の中で、できるだけ壊れないように扱うこと。

あまりに日常に密着しすぎて忘れてしまいがちですが、スマホはそもそも、かなり高価な精密機械です。

使う時にも、便利さ、手軽さとともに、精密な機械であることを意識して使っていくことが大切です。ちなみに、落下による破損の最も大きな原因は何か、ご存知ですか?そう、「歩きスマホ」です。歩きスマホそのものを全くなくすのはひょっとしたら難しいのかもしれませんが、安全や、破損防止のためだけでなく、将来そのスマホを買取に出す場合の価格にも影響してくることがある。そのことを十分に考えたうえで、さて、歩きスマホをするかどうか、考えてみてください。

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ
営業時間 10:00 - 18:00 ※土日祝除く
お問い合わせフォーム