Home > お役立ち情報 > iPhoneの買取時に知っておいたほうがいい9つのこと

iPhoneの買取時に知っておいたほうがいい9つのこと

iphone2iPhoneは個人情報の宝庫です。あなたの大切な情報をまもるために、iPhoneの中の情報はすべて消しておきましょう。
また少しでも買い取り金額が高くなるように行っておくことも挙げてみましたので参考にしてみてください。

1.iPhoneの初期化前から初期化後まで。順に作業していきます。

  1. ①バックアップ
  2. ②パスコードの設定と「データ消去」の有効化(パスコードが設定済みの方は必要ありません)
  3. ③Apple Watchとのペアリングの解除(連動させていない方は必要ありません)
  4. ④iCloudからサインアウト
  5. ⑤「iPhoneを探す」をオフにする
  6. ⑥初期化
  7. ⑦アクティベート

①バックアップを取りましょう

iPhoneはご自身で初期化(リセット)することが大切です。しかしiPhoneを初期化すると入っているデータは全部消えてなくなります。そのため初期化後に新しいiPhoneにデータを移す時のために事前にバックアップをとってくことが必要です。そうすればデータを新しいiPhoneに戻すことができます。連絡先・画像や動画・ゲームデータなどは必ず行っておきましょう。パソコンでする方法とiPhone本体でする方法があります。それぞれ特徴が異なるため念のため両方でバックアップしておくほうが安心です。
バックアップする方法についてはAppleサポート【iPhone、iPad、iPod touchをバックアップする方法】をご参照ください。

パソコンでiTunesを使って行う方法

・パソコンの空き容量さえあれば、写真や動画などの大容量なデータも可能です。
・「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れると全体をパスコードで保護しセキュリティーが向上します。さらに保存していたパスワードやWi-Fi設定、Webサイトの履歴やLINEのトーク履歴なども新たに対象に含まれてきます。暗号化するためにはパスワードの設定が必要です。しっかり覚えておきましょう。
・バックアップはパソコン内に保管されます
・パソコンとiPhoneをつなぐためにiPhone付属ケーブルなど同期ができるケーブルが必要です。

iPhoneのみでiCloudを使って行う方法

 
・iCloudの空き容量により可能なデータは限られてきます。無料で行えるデータの最大容量は5GBであるため、写真や動画などの大容量のデ-タは。パソコンで行ったほうが無難です。
・iPhoneのiCloudを使って 5GB以上行いたい場合は有料になります。
・バックアップは常に暗号化されセキュリティーが向上します。
・バックアップはインターネット上に保管されます。
・iPhoneのインターネット接続ができれば(Wi-Fi環境など)、外出先などどこからでもデータを閲覧・編集をすることができます。

②.パスコードが未設定の方へ。パスコードの設定と「データ消去」の有効化をしておきましょう。(パスコードが設定済みの方は必要ありません)

データを初期化するだけですべて安心とは言い切れません。まだ復元される可能性が残っています。セキュリティーをさらに高めるために、ios7以降対応のiPhoneでまだパスコードが未設定の方は、まずパスコードの設定を行いましょう。パスコードを設定することにより自動的にデータが暗号化されセキュリティーが向上します。さらに「データを消去」を「オン」にしておきます。こうすればパスコードの入力に10回失敗したら自動的にiPhoneの内容が消去されるので個人情報の漏洩を防ぐことができます。

《パスコードの設定と「データ消去」の有効化をする方法》

・ホーム画面から「設定」→「Touch IDとパスコード」をタップ(Touch IDに対応していないiPhoneは「設定」→「パスコード」をタップ)→「パスコードをオンにする」をタップ
→画面の指示に従ってパスコードを作成する
→「Touch IDとパスコード」画面を一番下までスクロールし、「データ保護は有効です」と書いてあるのを確認し、「データ消去」を「オン」にする
・これでパスコードの設定と「データ消去」の有効化が完了しました
参考資料:Appleサポート【iPhone、iPad、iPod touchでパスコードを使う】

③.Apple Watchとのペアリングを解除:iPhoneを連動させている方のみに必要な手順です。(連動させていない方は必要ありません)

新しいiPhoneとペアリングするために、買い取りに出すiPhoneとは解除しておきましょう。

iPhoneとApple Watchを近づけておく→iPhoneでApple Watch Appを起動する
→「マイウォッチ」→「Apple Watch」→「i」アイコンをタップ→「Apple Watchのペアリングを解除」をタップ→もう一度聞かれるので再度「Apple Watchのペアリングを解除」をタップ→Apple IDのパスワードを入力→iPhoneにApple Watchのバックアップデータが作成される
・これでApple Watchとのペアリングを解除できました。
参考資料:Appleサポート【Apple Watchを新しいiPhoneに切り替える】

④.iCloudからサインアウトする

iPhoneとiCloudの繋がりを断つ操作を行って、iCloudの情報を次に使う人に見られないように設定を行います。

《iCloudからサインアウトし「iPhoneを探す」もオフにする方法》
ホーム画面から「設定」→「iCloud」→下にスクロールして「サインアウト」をタップ(iOS7以前では「アカウントを削除」をタップ)
→もう一度「サインアウト」をタップ
→「iPhoneから削除」をタップ
→Apple IDパスワードを入力
・これでサインアウトが完了すると同時に「iPhoneを探す」もオフになりました。ここは重要なところです。

続いてiTunes StoreとApp Storeからサインアウトします。
「設定」→「iTunes StoreとApp Store」→「Apple ID」→「サインアウト」の順にタップします
参考記事: Appleサポート【iPhone、iPad、iPod touch を売却または譲渡する前に】

⑤. 「iPhoneを探す」をオフにする

「iPhoneを探す」を設定してあると、GPS機能でiPhoneのある場所を地図上に特定したり音をならしたりできるのでとても役立ちます。さらに不正使用や売却を防ぐために自動的に「アクティベーションロック」がかかるようになっています。「アクティベーションロック」とは紛失したり盗まれたりしたときにApple IDとパスードを入力しなければiPhoneを使うことができないという機能です。しかし買い取りに出した場合にこの機能が働いていると前の持ち主のApple IDとパスワードがわからないので、購入した方がiPhoneを使おうしても使うことができません。そのため買い取ってもらえなくなります。着払いで返送されてくれば余計な出費がかかってきます。そうならないようにiPhoneを買い取りに出す前に「iPhoneを探す」をオフにしておきましょう(iOS8からは自動的にアクティベーションロックもオフになります)。これで購入した方が問題なく使うことができます
iCloudからのサインアウトを上記④のように行えば、「iPhoneを探す」機能はオフにできるので、ほかに特別な操作は必要ありません。しかし古いiOSを使っている場合などでオフにできない場合は、次のようにして「iPhoneを探す」機能をオフにします。

《古いiOSを使っている場合などで「iPhoneを探す」機能をオフにする方法》
・iPhoneのインターネット接続が必要です(Wi-Fi環境など)
ホーム画面から「設定」→「iCloud」→下にスクロールして「iPhoneを探す」をタップ
→「iPhoneを探す」がオンになっていたらタップしてオフに切り替える
→Apple IDパスワードを入力
・これで「iPhoneを探す」がオフになりました。

⑥.初期化をします

初期化をしていないと次に使う方に個人情報が漏れてしまうので、自分で初期化を行いましょう。初期化の方法としては《iPhone本体でする方法》と《iPhone本体をパソコンに接続しiTunesからする方法》があります。しかしパソコンでする方法は初期化されると同時に最新のシステムバージョンに更新されるので、機種により値段が下がることがあります。iPhone本体からする方法は現状の古いシステムバージョンのままで初期化できるので、機種により高値で買い取ってもらうことがあります。

《iPhone本体で初期化する方法》
ホーム画面から「設定」→「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップ。(もし「iPhoneを探す」がまだ「オン」になっている場合は、Apple IDのパスワードの入力画面が表示されるので入力して「消去」をタップ)
→iPhoneのパスコードまたは機能制限のパスコードの入力画面が表示された場合は入力する
→消去確認画面が表示されるので「iPhoneを消去」をタップ
→自動で再起動される
・これでiPhoneの初期化が完了しました
参考記事: Appleサポート【iPhone、iPad、iPod touch を売却または譲渡する前に】
パソコンで初期化する方法についてはAppleサポート【iPhone、iPad、iPod touch を出荷時の状態に復元する(初期化する)】をご参照ください。

⑦.アクティベートをします

「アクティベートをする」(アクティベーション)とは初期化されたiPhoneを普通に使える状態にすることです。 SIMカードに登録された情報を読み込んで本体との認証を行うことによってはじめてiPhoneを使うことができるのです。アクティベートをしていないと、買い取りできないか、買い取り金額が下がってしまいます。初期化に引き続いて、現在のSIMカードでアクティベートしておきましょう。
アクティベーションの方法については、ソフトバンクHP《iPhoneの利用開始設定をする(データ復元を行わない場合)》またはNTTドコモお客様サポート《iPhoneの利用開始設定(アクティベーション)》等をご参照ください

・SIMカードを挿した状態でアクティベートをしましたが、そのままでは自分の電話番号が電話帳に残ってしまっています。これもしっかり消しておきましょう。

1.自分の電話番号を消す方法

アクティベーションが終わったら、まず次のようにSIMカードを抜き取ります。
付属のピン(またはクリップなど)をiPhoneの側面にある小さな穴に押し込みます→SIMカードが出てきます→指で引き出します
次に電話番号を消去します
ホーム画面の「設定」→「一般」→「リセット」→「ネットワーク設定をリセット」をタップ
・これで電話番号が消えました。

2.残債が残っていませんか

iPhoneの購入代金を分割払いにしている方は、残金がのこっていないか確認しておきましょう。各携帯電話会社のホームページからIMEI(製造番号)を入力すると確認ができます。IMEIは次の方法で確認できます。
・iPhoneの画面で・・・ホーム画面の「設定」→「一般」→「情報」をタップ→IMEIが表示されます。
・製品シールで・・・電池カバーと電池パックを取り外し、「35」で始まる15桁の数字がIMEIです。

3.ネットワーク利用制限について

「ネットワーク利用制限」とは盗難された電話を犯罪に使われないようにする時や分割金を滞納した時に、通話や通信をできなくする仕組みです。利用制限がかけられている場合は買い取りしてもらえません。各携帯電話会社のホームページからIMEIを入力すると確認ができます。

4.水没反応の確認を。

イヤホンジャックやSIMトレーの中に白い紙片のようなもの(液体侵入インジゲータ)が入っています。iPhoneが液体に浸かった場合はここが反応して赤くなることで見分けることができます。これが水没反応です。水没といってもズボンのポケットに入れたまま洗濯したり、トイレに落としたりしたときだけに反応するのではありません。持ち歩いていた時の汗や、雨天の時の使用でも赤くなることがあるので使用状況には注意しましょう。
iPhone3G/3GS/4/4s・・・イヤホンジャックと充電口の奥の部分にあります。
iPhone5/5s/6/6Plus・・・SIMトレーを開けてSIMカードを出すと確認できます。

5.オプション契約の解除

ケータイ補償お届けサービス・ケータイ安心パック(おまかせロック)・基本オプションパック・あんしん保障パック等の、有料サービスを契約している場合は解除しておきましょう。

6.電池性能の劣化を少なくする方法

iPhoneに搭載してあるリチウムイオン電池は毎日充電を繰り返すと1年半ほどで電池容量が80%程度に減少します。電池を使い切らずに浅い充電を繰り返しても特に影響はありません。問題となるのは電池が高温になることです。常に充電器に繋いでおくことや充電しながらの使用は、高温による電池性能の劣化につながるので避けましょう。
なお買い取りに出す際には30%ほど充電した状態で出しましょう

7.3か月制限について

各携帯電話会社のホームページからからIMEIで「保証状況とサービス期間」を確認すると購入日がわかります。

8.付属品をできるだけ揃えましょう

購入時についていた付属品や箱、説明書などはできるかぎり用意しましょう。また将来売却に出すときのためにiPhone購入時からこれらのものを汚さないよう大切に保管しておきましょう。

9.本体をきれいにクリーニング

アイフォンについている汚れは柔らかい布で丁寧にふき取りましょう。

最後に

はじめて買い取りに出される方は、「いろいろ大変そうだな。」と思われるかもしれません。でも一つ一つの手順はどなたでもできてそんなに時間もかかりません。
もしわからないことがありましたら些細なことでも結構ですのでぜひアワーズまでご相談ください。担当者がわかりやすくお答えいたします。お電話・ご来店お待ちしております。

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ
営業時間 10:00 - 18:00 ※土日祝除く
お問い合わせフォーム