Home > お役立ち情報 > iphoneの寿命とは

iphoneの寿命とは

以前、日本国内によるiphoneの普及率についてご紹介しました。

iphoneの国内普及率

今回は、そのiphoneの寿命について見ていきたいと思います。

 

実際何年くらいもつのか

 

もちろん使い方にもよると思いますが、皆さん使用するのに問題のでてくる期間はどの程度だと思いますか。

 

  • ・通常、2年契約だからそれが終わる時。
  • ・もしくは5年位

様々な意見があると思いますが、Appleによれば、公式サイトに投稿された問いに対して、

「iOSを搭載したデバイスは3年を想定しています」と回答しています。

 

3年を寿命と想定し製作が行われているようです。

 

ただ、あくまで想定です。

中には、発売当初から4sを使い未だに問題なく使用している方もいらっしゃるかと思いますので、一概には言えません。使用者の使い方にも影響されるのでは無いかと思います。

 

何故、3年が寿命なのか

問題がないのに買い替えを行う必要はないと思いますが、では何故Appleは3年を目処としているのか、
様々な意見がありますが、よく耳にする理由としては、携帯の端末自体には問題が生じていなくても様々なサービスに対応しづらくなる可能性があることがあります。

 

 

ご存知ない方もいらっしゃるかも知れませんが、現在で最新のiosにアップデートができない機種が存在するのです。

それがこちら。

 

  • iphone3G
  • iphone3GS
  • iphone4
  • iphone4s

 

この4機種はもうアップデートが出来ない為、様々なサービスに制限が掛かってしまいます。

 

一番怖いのはセキュリティ問題

iosが最新であれば、セキュリティの弱い部分はアップデートにより問題ないのですが、iosが古いとその問題は解決されていないという事なので注意が必要。

そして最新版のiosにアップデートができなくなるのが、今まで3年〜5年周期としてみてもApppleが公表している3年想定というのは、耐久というよりサービス面やセキュリティの観点からの3年想定だということが推測されます。

 

高く売り安く買う

 

やはり今のご時世でセキュリティに問題があるのはやはり怖いものです。

そこで、今お使いの古くなってしまったiphoneを売り新たなiosに対応している機種への乗り換えもご検討してみてはいかがでしょうか。

アワーズであれば、データの管理から価格まで幅広く対応しなおかつ高価格でのiphoneの買取を行っています。

端末を売った金額で新たな機種を買うということもできますので、ご検討いただけますと幸いです。

なお、アワーズでは、長年の使用で動作に問題があったり、液晶部分に破損があるiphoneでも問題なく買取が可能な場合もあります。

まずは、お問い合わせくださいませ。

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ
営業時間
月~金:11:00~19:00(最終受付18:30)
※ご購入、お買取の最終受付は
18:30までとなっておりますのでご注意ください。
お問い合わせフォーム