Home > お役立ち情報 > iPhoneは下取りが得か買取が得か

iPhoneは下取りが得か買取が得か

iphoneの機種変どちらが得!?

どの企業も毎年新しい携帯の機種を続々と発売していますが、いずれのスマホも決して安いものではありません。

もちろん、日々の利用料もそうですが最初に気になるのはやはり本体の端末料金かと思います。

 

以前であれば、iphoneなどで「実質端末料金0円」などの購入のしやすさがあったのですが、2016年に総務省が発表した「実質0円制度の廃止」などの影響でやはり少なくない金額がかかってしまいます。

 

さて、今お持ちのiPhoneから新しく機種の変更する際、店頭での下取りと携帯買取業者へのiphone買取依頼という選択肢をご検討いただくと良いかと思います。ここでは、それぞれの特徴をご説明していければと思います。

下取りの場合

日本三大キャリアの下取り価格を確認したところ、一番下取り価格が高いキャリアはソフトバンクで対応機種はiphone6sPulsでした。

(※2017年2月時点の掲載金額になります。※最新機種のiphone7は除く)

その下取り金額は最大で36000円。

主にどのキャリアも特典を選んで、下取り金額を獲得できるそうです。

例.

  • 下取り金額を通信量24回分からのお値引き
  • 商品券やポイント付与

 

実際に現金で受け取ることは難しいそうですが元々の契約がある為、申し込みは非常に簡単です。

 

 

買取の場合

 

携帯買取業者にiphoneの買取を依頼する場合は、金額ももちろん重要ですが買取業者の選定が一番重要かと思います。

携帯市場であれば、iphone6sPulsの128GBで未使用品の場合55000円(※2017年2月時点の掲載金額になります。

中古での最大の買取価格は42000円になります。(※2017年2月時点の掲載金額になります。

 

使用状況にもよりますが、買取業者の方が金額的には大きいですね。

また、店舗訪問の場合であれば即日数万円の金額がもらえるという魅力もあります。

 

比較結果

買取金額が高いのはiphone買取業者だと思われます。

キャリアであれば、減額基準が低い上に契約している事で元々の情報がわかるので、申し込み書のみの記入ですぐに下取りできる点は便利です。

 

結果は金額的には買取業者

便利さはキャリアの下取りかと思います。

しかし、携帯市場はその不便さと減額基準をなるべく下げる為に、ネットからお申し込みいただけて査定対象のiphoneとその他必要書類を同封するだけで、査定結果をお伝えします。

問題なければ、即入金というなるべく使ってもらいやすいサービスをご提供しております。

宅配買取の流れはこちらをご覧ください。

 

そして金額についても、Web上で対象iphoneの買取価格をお調べできます。

最高買取値から最低買取値まで記載していますのでご参考にください。

また、iphoneでは多い液晶画面の損傷含め付属品がなくても買取をさせていただけますので、キャリアの査定基準の低さとも同様程度の基準で査定させてもらいますので、まずは一度お問い合わせくださいませ。

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ
営業時間 10:00 - 18:00 ※土日祝除く
お問い合わせフォーム